バルカン400 日記(過去ログ)

バルカン400 日記



※使い方→昇順になっているので最初からごらんになる方は右上の”過去ログ”ボタンからご覧下さい。




Kawasaki バルカン400


あきらかにハーレーを意識したデザインにエンジン音。アイドリングをちょっと低めにするとなんと不規則なアイドリング音が楽しめる国産唯一のマシン。スピードは出ないがこれにまたがれば気分はハーレー乗り♪

主要諸元(バルカン僑苅娃亜法蛋環坑横械僑亜蛋管765|前高1130|軸距1640| シート高710(各mm)車重226kg(乾)|エンジン形式 水冷4ストV型2気筒 SOHC4バルブ 総排気量399cc|最高出力33ps |8500rps |最大トルク3.3kg−m/4500rpm 始動方式セル|変速機5段リターン|燃料タンク容量15リットル |ブレーキF=ディスク R=ドラム |タイヤF=80/90−21 R=140/90−16


2006/07/07(金)_002
完成!

それで完成の図。

ぴったり〜。

見栄えも随分よくなりました♪


後日談、実は音があまりにもしょぼくてこの連結パイプを外すとこれがまたいい音♪

結局はずしちゃいました(笑


2006/07/07(金)_001
マフラー交換

このバルカン、購入時はノーマルのマフラーだったんですが、これがまたダッサイ音で(^^;
そこでいつもの

ヤフオクショッピング♪



どっかのメーカーのJMCA、車検対応のスラッシュカットマフラーを購入♪

ところがこのマフラーかなり激安だったんですが、その理由が写真の通り。

両方のマフラーを連結するパイプが無いんです(^^;
そこで登場!

ガス配管!



またいつもの島忠さんまでいってきてちょうどいいサイズの配管を発見!
それが2枚目の写真。


2枚目の写真が


2006/01/29(日)_009
検査合格♪

すべての検査をパスしたらまたA棟に戻り、書類を渡し、後は待つだけです。

待つ

待つ

待つ

待つ

キター

その場で車検証とナンバーに張る車検のシールをもらいC棟へゴー

ナンバー発行窓口に書類を提出し、ナンバー発行手数料500円を払い、めでたく車検GET!

※けど、ナンバーがすでにあり、自分名義のバイクの場合は車検証とシールをもらった段階で任務完了!です。


トータルで必要だったものは

・重量税
・書類代
・検査代
・自賠責代
で26000円くらいでした。

バイク屋でやってもらう


半額以下!!



オイシすぎます!

世の中には本当にオイシイ話ってあるんですねぇ〜


2006/01/29(日)_008
新型車

2002年以降に発売されたバイクはみんな排気ガス規制のため、触媒内蔵のマフラーになっていて、車検時には排ガステスト、排気音のテストが盛り込まれています。

けど私のバルカンは

92年製♪



光軸検査までで終了〜

ってことは新型車でマフラーを社外に変えてる人はノーマルに戻す必要があるってことか

メンドーだー

けど、マフラーがノーマルのものがのっている場合は検査がパスされるらしいです。




2006/01/29(日)_007
超難関

次は超難関と言われる

光軸検査です!



なぜか車検では光軸がきびしく、なかなか通してくれません。

光軸とは、ヘッドライトの向きです。

上下左右ともチェックされ、機械にむけてハイビームで照らすと検査結果がでます。

優しい検査官だと

”もうちょっと右にハンドル傾けて”

っていわれて動かすと、

”はい、OK♪”

となることがあるらしいのですが、今回の検査官は

”4回も落としやがった(怒”

結局、どっちにずれていて、どっちに修正すればいいか聞いてから検査ラインをいったん離れ、壁のあるところにバイクを向かい合わせ、ヘッドライトを照らしの方向をヘッドライトについている方向修正するネジをドライバーで修正します。

検査場にいくと、バイク、車、みんな壁に向かって格闘してますw


2006/01/29(日)_006
スピードメーター検査

逆車の場合メーターがマイル表示になっているときに、この検査をクリアするために予め、メーターの30kを指すところに印をつけたりする技があるらしいです。

私の場合はフツーの国産なんでそのままラインへ。

今度はなかなかごっつい穴へ前輪をツッコミ、
後輪が固定されます。

そして左足付近にあるペダルを指定されたスピードの達したら踏むという方式です。

ふつうは自分でやるんですが、この日は検査官がやってくれましたw

前輪が回り始めて、30kにたっしたところでペダルをガン!

”はい、次ね”

あっさり♪


2006/01/29(日)_005
ブレーキ検査

ブレーキ検査はある一定度の速度に達したらおもいっきりブレーキをかけてて止まるかの検査です。
検査には後輪を使います。

シャシダイみたいな静止状態で後輪を回す機械の上にのっかってテストします。

”は〜いそれでは始めます〜”

といきなり後輪が回り始め、

”はい、ブレーキ”

って言われて思いっきりフットブレーキをキック!!

”はい、次ね”

って感じです。

周りにいろんな張り紙があったのでぱしゃぱしゃ♪


2006/01/29(日)_004
ライン

これが検査ラインです。バイクはバイク専用のレーンが用意されています。始めに、各部のネジのゆるみをみるために


ながーいハンマーで愛車を叩かれますw



音の違いで緩みを見てるらしいのですがあきらかにたたき方がいい加減・・・・

しか〜し。

コレジャダメね



って一喝。

は?

とおもって指さされたところを見たら

ウインカーぼろ〜り♪



朝家をでたときは大ジョブだったんですが振動でとれてしまったんでしょう。早速車載工具で締めましたw

再度ラインに並んで検査。

ネジのゆるみをみてもらったあと、

・ホーンが鳴るか
・ハイビームはつくか
・ブレーキランプは前後のブレーキでちゃんとつくか
・ウインカーはつくか
・度胸はあるか
・金はあるか
・書類に不備はないか

をチェックされます。

そして次はブレーキ検査。


2006/01/29(日)_003
検査

いますね〜 ユーザー車検してる人。

検査官にバレないように写真をぱしゃぱしゃ♪



2006/01/29(日)_002
鮫洲では

C棟というところがナンバー発行、書類購入、印紙購入、自賠責購入、が出来場所です。

書類が完成したらここで 重量税と検査代の印紙を購入します。


確か5〜6千円くらいです



そして A棟に行き、1番窓口に印紙を貼った書類を提出し、処理をしてもらってから、OKをもらったら書類を預かり、いよいよ検査です。


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
Special Thanks to: HOME

[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.01